曹洞宗大本山總持寺

厄除祈願 初詣

横浜・鶴見の地で107年。開かれた禅苑として、これからも皆様と共に。 厄除祈願 初詣 曹洞宗大本山總持寺

都会の中の禅苑で迎える新年

横浜・鶴見に座する總持寺は曹洞宗の大本山。国際的な開かれた禅苑として多くの人たちに親しまれています。進化しつづける都会の中にありながら、総面積15万坪を誇る広大な敷地は緑に囲まれ、歴史的な建造物が静かに時を刻んでいます。2018年の始まりは、こんな場所で心静かに始めてみませんか?

總持寺の初詣

  • イメージ図

  • 千畳敷の広さを持つ大祖堂での祈祷

    新年の鐘とともに、千畳敷の広さを持つ大祖堂にて僧によるご祈祷が始まります。祈祷では、みなさまの一年の開運と無病息災を祈願します。

    ◎元朝大祈祷(事前受付のみ)

    江川辰三禅師さま大導師のもと大祖堂で行います。
    元旦 0時~  終了後、禅師さま新年のおことば

    ◎新春特別大祈祷(事前受付のみ)

    1月4日(木)~7日(日)
     毎日午前10時・11時(1日2回の法要です)

    ◎初詣祈祷(当日受付のみ)

    1月1日(月)
     午前1時・午前2時、午前9時~午後4時
    2日(火)・3日(水)
     午前9時~午後4時(約1時間に一回の法要です)
    4日(木)~7日(日)
     毎日 午前10時・11時、午後2時・3時 (1日4回の法要です)

    ※尚、祈祷時間は変更になることがあります。

  • イメージ図

    関東一の大きさを誇る大梵鐘

    總持寺の大梵鐘は全長3.7m、重量18.75tと関東一の大きさを誇ります。年明けとともにこの大梵鐘が鳴らされ、新年のご祈祷が始まります。大梵鐘は一般の方にも開放し、鐘をつくこともできます。
    ※一般開放は、年明け 0時~1時30分まで。

  • イメージ図

    賑わう参道

    總持寺仏殿へと続く参道は一年の平穏を願う参拝者で大いに賑わいます。

境内案内図 七百余年の歴史を持つ、曹洞宗の大本山として。また、国際的な禅の根本道場としての役割を担う横浜・鶴見の名刹です。

總持寺について

曹洞宗には福井県にある永平寺と、横浜・鶴見の總持寺の二つの大本山があります。お釈迦さまの教えを日本に伝えられ、永平寺を開かれた道元禅師を「高祖」(こうそ)とあがめ、總持寺を開き、教えを全国に広められた瑩山禅師を「太祖」(たいそ)と仰ぎ、このお二人の祖師を「両祖」と呼び、この三師を「一仏両祖」としてお祀りしお慕い申し上げ、信仰のまことをささげています。道元さまが正しい仏教の教えを中国より日本に伝えられ、道元さまから四代目の瑩山さまが全国に広められ、曹洞宗の礎を築かれました。ちょうど、私達が父と母の両親を持つように、道元さまの永平寺と、瑩山さまの總持寺を両大本山とお呼びします。

總持寺は石川県にあった諸嶽寺を、1321(元亨元)年、太祖瑩山禅師が諸嶽山總持寺と改められたのが始まりです。明治時代の焼失を機に横浜市に移転しました。交通の便もよく、総面積15万坪を誇る都会の中の開かれた禅苑として国際的な禅の根本道場として偉容を誇っています。

禅

總持寺の詳細は公式ホームページへ

總持寺への行き方

JR鶴見駅から徒歩5分 京急鶴見駅から徒歩7分

總持寺はJR鶴見駅から徒歩5分、京急鶴見駅徒歩7分と駅のすぐ側にあります。お車をご利用の場合は、東京方面より首都高速横羽線[汐入]出口より約15分、横浜方面より首都高速横羽線[生麦]出口より約10分。曹洞宗大本山總持寺の駐車場をご利用ください。ただし、

大晦日~新年3日まで駐車場のご利用は有料になります。(自動車祈祷込2,000円)

自動車祈祷

大駐車場にて
大晦日  22時〜翌2時
元旦~3日 7時〜17時

お問い合わせ
〒230-8686 神奈川県横浜市鶴見区鶴見 2-1-1
TEL 045-581-6021

總持寺公式SNS

總持寺の最新情報はSNSからもご確認いただけます。

Facebook公式ページTwitter公式アカウントLINE公式アカウント

ホームページ記載の記事・写真等の転載はご遠慮ください
© 2017 Sotoshu Daihonzan Sojiji Temple